花が咲くころ

だいすきなアイドルたちを綴る言葉

絶対服従?

「黒崎くんの言いなりにになんてならない」2回目観てきた!ほんっっとお客さんいっぱいいた。空席は片手で数えられるくらい。前回と同じ映画館で観たんだけど、ぶっちゃけ一回目観たときより人いっぱいいた。(笑)前回は3月1日火曜日、公開した土日明けだったのと、今日はレディースデーかつシアターの大きさは一回り小さいところだったのと…と条件的なことはあると思うけどでもやっぱりすごい。わたしは、話題の作品や興味あるやつちょろっと観に行くくらいのただのミーハーなので何とも言えないけど、公開からしばらく経ってド平日にこんなに人いるの最近だと永遠の0ぶりですわ。

春休みの大学生、学校帰りの高校生ぽい子たちが多かった。今この時間これだけの人数の10~20代の女性がひとつの場所に吸いとられてるってこと。いつだったか、健人くんが言っていた、自分の出ているドラマの時間帯に街から女性が消えるってやつの実現第一歩なのでは?すごいなあ。リピーター率がとても高いと思う。確実に「もう一回観たい」気持ちをつくってる。なんかそういうの測定する方法ないのかね?

正直、話の内容は深く読み解くものじゃないというか、あくまで少女漫画の世界。実は、一回目映画観てからソッコーで原作漫画全巻読んだ。漫画読まない人間なんで連載ものちゃんと読むのは銀の匙ぶり。少女漫画は10年ぶりくらいな気がする。原作は絶賛連載中で今後の展開はわからないんだけど、まあいろいろエロキュン要素盛りだくさんなわけですよ。漫画だからアリなんでしょ?みたいな非日常でありえない展開を忠実に実写化する!これが実写化の最大のテーマなんだなと思った。原作だと、ユウちゃんだけでなく黒崎くんと白河くんの生い立ちや過去の話もある。実写化では深い黒と白の生い立ちには触れなかった。触れたらもしかしたらもうちょいストーリー性あったかもしれないけど、それはやめて原作とは時系列ぐちゃぐちゃ断片的で投げ込んいく方式でいいからとにかくエロキュンを忠実に再現しようぜ!ドS絶対服従イエイイエイ!なんなら二次元超えようぜ!を目指した、のだと思う。きっとそれが成功へ導いた要因のひとつでは。お風呂のシーンとかテンポよくて面白かったもんなあ。原作では二回も一緒にお風呂入ってるんだけど映画では二つを良いとこどりして原作食う仕上がりだったと思うし。映画のタイトルとポスターでだいたいの人がある程度のストーリーを想像できる。変に現実味を出さず、非日常!ありえない!を上手にとった作品だなあと。

とは言えども実写映画内で話を完結させなきゃいけない。そこでユウと芽衣子、黒と白の友情と人間関係が無理なく描かれていてよかった。二回目観て確信しただけど、黒と白がバスケで賭けていたいたのはユウちゃんとみせかけて(本人たちもそう思ってた)実はお互い自身であり自分たちの間にあったけど言葉にできなかったわだかまりなんだよね。そう思って観るとあのシーンの見ごたえがアップする。

あとはやっぱり出演者。健人くんの黒崎くんへの徹底ぶりな。健人くん信者のフィルターかかってるかもですが「健人くんが演じた黒崎くん」がすごいってのはあると思う。例えば、舞台挨拶で岸くんがマネした黒崎くんの座り方。あれ、観たいよね。あの座り方してくれるの世界中探しても健人くんの黒崎くんしかいないと思うんだよね~。あれだけでも彼に演じてもらった価値が重々にある。ピアノのシーンも健人くんがピアノ弾けたから加えられたシーンだし、指パッチンも彼のアイディアなのでは?と思ってるんだけどどうだろうか。面白いなあ、健人くん。彼の生真面目さ徹底ぶりがよくわかるドS黒王子だったと思う。

菜奈ちゃんはとにかくかわいい。いい意味で、役での服装とか感覚とかのかわいらしさやふつうっぽさよい。菜奈ちゃんの出てる作品はバクマンしか観たことないんだけど、そのときより人間味のある役だったこともあってか表情豊かで全然印象違った。女優さんすごいな。すーぐ影響されるから現在ロック画面が菜奈ちゃんで、インテグレートの菜奈ちゃん使用のアイシャドウを買いました。自分ちょろい。

要は千葉くん。すっごく頭よくて面白くてしゃべれる方なんだなあと、雑誌のインタビューや舞台挨拶、テレビ出演を観て思った。そしてやっぱり大人。役者としての実力はもちろんだけど、「中島健人」という人物に対してものすごくいいところに彼が入り込んできたなと思うわけですよ。健人くんには風磨くんというシンメがいる前提があって、黒崎くんと白河くんっていうシンメみたいな関係性の二人が出てくる作品を健人くんがやることになって、ライバル役になって突如登場した千葉くん。役にもすごく合ってるし、健人くんとも仲良しになって、なんと誕生日3月9日生まれ!すごいなんかふまけん厨の心に火をつける存在でばーちーナイス!と何度思ったことか。一回目のバスケシーンでMake my dayが流れ出しておいおいここで流すのもったいない!と思ってたんだけど、いいかんじに「What a foolish game~」と風磨くんの歌声が入ってきてわたしはテンションあがった。あの瞬間だけ健人くんがヒロインですよ。わたしの中では。これだけでも経済効果だいぶあると思う。

だらだら長くなってしまった。とにかく黒崎くん面白い。長くヒットさせたい。妹2人にも絶賛勧めてるんですが、ハタチの妹には「観に行くの恥ずかしいよ~」と言われ、中一の妹には「暗殺教室観に行くためにお金貯めてるから」とあっさり断られてしまった。がっくし。ならばわたしが3回観にゆきましょう!目指せ観客動員数100万人!みんな黒崎くんの言いなりだ!