花が咲くころ

だいすきなアイドルたちを綴る言葉

大人になった今日からは

 

松島聡くん、20さいのお誕生日おめでとうございます!!

 

 

ハタチになるってどういうことなんだろう?

 

 

お酒が飲めること?たばこが吸えること?いろんな契約ができること?年金を払うこと?馬券が買えること?10年パスポートをつくること?

 

聡ちゃんがハタチになるということで、改めて、というかはじめてちゃんとそんなことを考えた。

思い返せば聡ちゃんに出会ったころ、わたしはハタチだった。学校に行ってバイトして遊びとアイドルに時間とお金をつぎ込むふつうの大学生。そんでもって将来のことなんて全然考えてなかったな。

 

ザテレビジョンの連載で、聡ちゃんが「20歳にふさわしい成長ができてるだろうか」と言っていた。将来のことをちゃんと考えて、不安を抱えながらもまっすぐに突き進む聡ちゃんにすごいなって思う気持ちと、「もっとヤンチャしとけば良かった」って言葉に胸がぎゅっとなった。

 

 

大人になるってどういうことなんだろう?

 

 

Sexy Zone松島聡として10代後半を過ごした聡ちゃんは、「大人になった」「成長した」と言われることが圧倒的に多かったように思う。
大人にならざるを得なかった経験がきっといっぱいあったよね。「大人になった」が、褒め言葉のようでプレッシャーでもあったんじゃないかなあ。「子ども」だと言われて悔しい思いもしたかな。

 

聡ちゃんは、今日で世の中から「おとな」と呼ばれるようになる。だけど、ジャニーズに入ってから今日まで、毎日新幹線に乗って静岡から東京へ通い、実家を離れて上京して一人で生活し、多くの同世代とは一足先に社会人となり、どんなことにも負けず毎日キラキラアイドルやってきた聡ちゃんは、本当の意味でずっとずっと前から立派な「おとな」だったと思う。

 

20さいになるっていうと、周りの人たちは責任を持ってどうのとか、成人としてどうのとか言うかもしれない。だけど、わたしはそんなことはあまり思っていなくて。
なぜなら今日まで、大人の階段を駆け足すぎるくらい全力で上ってきた聡ちゃんをほんの少しかもしれないけれど、それでも十分すぎるくらい知っているから。

 

だから、大人になった今日からは、昨日よりもっとはっちゃけてたのしんでヤンチャもして、いっぱいいっぱい笑ってください。
いつまでも、少年のような無邪気な心を忘れない聡ちゃんでいてください。
30さい40さいになったときにあの頃の自分クソガキだったなって思えるような、そんな20代にしてください。

 


明るく親しみやすい聡ちゃん。
ポップでかわいい聡ちゃん。
おバカでぶっとんでる聡ちゃん。
やさしくてあったかい聡ちゃん。
研究熱心でがんばりやさんな聡ちゃん。
ファッションやダンス、イラストを描いたり独自のセンスをもってる聡ちゃん。
メンバーの関係をつなぐ存在の聡ちゃん。
いつも笑顔の聡ちゃん。
周りの人も笑顔にしちゃう聡ちゃん。
Sexy Zoneの聡ちゃん。

 

わたしのだいすきな聡ちゃん。ファンのみんながだいすきな聡ちゃん。そんな聡ちゃんを、Sexy Zoneのメンバーもだいすきだってこと、4人が教えてくれた。

 "松ちゃんの明るさ、愛らしさこそ最強の武器" Sexy Zoneのメンバーが語る松島聡くん100選 - ライブライフライブラリ

 

たくさんの人に愛された今日までの自分を大切にして、ありのままの自分を貫き通して、なりたい自分をめざして。
わたしは、今日までの聡ちゃんも、今日からの聡ちゃんも変わらない気持ちで応援しつづけるよ。