花が咲くころ

だいすきなアイドルたちを綴る言葉

テレビの力

 

今年の24時間テレビのメインパーソナリティーがSexy Zoneに決まった。

 

2018年、わずか27日目にして今年一なんじゃないかってくらい驚いた。
その日、24時間テレビのメインパーソナリティーの発表があることは知っていたけれど、我が軍無関係だろうと思っていたわたしは呑気にNEWSのライブブルーレイを見ていた。その矢先に飛び込んできた大ニュース。
うれしいとかおめでとうとかありがとうとか、そういうのの前にただただびっくりした。

 

初の24時間テレビメインパーソナリティー

ジャニーズ史上最年少グループ

 

まさに「抜擢」という言葉がふさわしい。

Sexy Zoneをすきになったころ、ツイッターで「Sexy Zoneはこれからはじめてのことだらけで応援するのがたのしい」とつぶやいてる人がいて、当時それが個人的にすごく響いて、わたしもこれから彼らが経験する"はじめて"を共有していきたいなと引き込まれたことを思い出した。
デビューから6年半が経ちグループとして少し落ち着いてきたと思ってたけど、まだまだまだまだはじめてのことや彼らを待ってるお仕事がたくさんある!!と目が醒めるような気持ちだった。

 

発表された翌日、出勤するといろんな人から、本当にいろんな人から24時間テレビの話をされた。
職場ではじわじわオタバレしつつもどちらかというと隠す方針でいるわたしだけど、朝っぱらからふつうに会話のネタとして出てきたり、おめでとうと言われたり。純粋に24時間テレビのパワーすげぇってなった。今まで誰かがドラマや映画に出ようがCMやレギュラー番組決まろうが話題になることなんてなかったのに。
うれしかった。すごい大きなお仕事が決まったんだなって身にしみて、絶対この夏売れに行こうね!!ってなった。


"武器はテレビ。"
この言葉を覚えているだろうか。
2014年「SMAP×FNS 27時間テレビ」のキャッチコピー。
こんなライバル番組の話すんなよって感じだけど。(笑)近年の長時間番組の中でいちばん印象に残ってる。
27時間張りついて見てたわけじゃ全然ないんだけど、最後、森くんからの手紙を聞いて涙しながら5人肩を並べて歩いてる姿をわたしはテレビで見ていた。
"武器はテレビ。"このフレーズがすきだった。ほとんどの人がスマートフォンを持っていて、TwitterFacebookInstagramなどのSNSで情報を得るのが一般的になって、テレビ番組の視聴率低迷がどうこうと言われてるこの時代にかがけた攻めのテーマだなって思ってた。
テレビを通してたくさんの情報を伝えて得てきた時代を生き抜いてきたSMAPという大きな存在が、すごくかっこよかった。

 

今じゃ、各テレビ局で放送終了後の番組動画配信アプリがあったり、映画やドラマが月額支払いで見放題のサービスがあったり。
末っ子はユーチューバーの話をするし、次女はインスタグラマーがどうのとか言うし、何それ誰それわからん!ってなるし。とはいえ、わたしだって見たいテレビ番組は録画で見ることが多いし、ツイッターで情報を得るし、動画アプリに助けられることだってある。テレビを使わなくても新しい情報を得られてテレビ番組が見られる。そんな時代だ。

 

5人でテレビに出たーい!(絶叫)小さいころ自分に夢をいっぱいくれた、テレビっていうメディアが大好きなんだ。(風磨)
(duet 2017年12月号)

 

人気や注目や流行を集めるための媒体がたくさんありすぎるご時世で、テレビに出ることを選ぶ風磨くんかっこいい。
細かいことわかんないけど、わたしもSexy Zoneにテレビで活躍するスターになってほしい。スターはテレビに出るし、テレビはスターを輝かせる。

 

メインパーソナリティー、例年より早めに発表だったのは、これからがんばらなきゃいけないことが山ほどあるから、だと思ってる。
日テレ系で冠番組を持っていたり番組に長くレギュラー出演しているわけではないから。若くたってはじめてだって、とらなきゃいけない数字や結果はある。
春から24時間テレビに向けて冠番組が決まったりしてるのでは?!とひそかに思ったりしてるけど…。期間限定でもいいからほしいなあ。
でも、彼らが長いスパンをかけて番組の準備をしていけると思うとわくわくする。

 

改めて、Sexy Zone 24時間テレビのメインパーソナリティー決定おめでとうございます!!

 

老若男女いろんな世代の人たちに彼らを知ってもらう大チャンスがやってきた。
SMAPがテレビを武器にしたなら、Sexy Zoneはテレビを味方に。
まずはこの夏を全力で応援したい。

 

さあ、若い世代に愛される新米アイドルから、世界に愛される日本代表のアイドルへ。
わたしはテレビの力を信じてる。