花が咲くころ

だいすきなアイドルたちを綴る言葉

はじまりの日


先日、友人の結婚式に出席した。


大切な友人。

年齢はわたしの一つ下。

学校や職場、部活動などが一緒だったわけではない。

 

彼女とは、ツイッターで出会った。

わたしたちが出会ったきっかけは、“NEWSがすき”だと言うことだ。

 

すっかりツイッターの人ではなく、友人という認識になっていたけれど、仲良くなったきっかけや場所はこれだ。

SNSで出会った人同士が結婚してしまうようなご時世だから、こんな機会も珍しくないのかもしれない。

だけど、結婚式当日、なんだか無性にわくわくして、はじめて顔を合わせた日を思い出すようなとってもうれしい気持ちになった。

 

 

結婚式に行く前の日、人生ではじめてネイルサロンへ行った。

仕事柄わたしはネイルができないって決めつけてたけど、やってみようかなって思った。
インスタグラムで眺めていたきらめく指先。はじめてネイルサロンに行くときはこの方にやってもらおうとずっと心に決めていた。

実は、そのネイリストさんもNEWSのファン。
びっくり。こんなことあるもんだなって、胸がおどった。

 

 


多分、いろんな“そのとき”が交わって重なった、ちょっと不思議な巡り合わせ。

たまーに、こういう、偶然っぽいけど、遥か彼方何億光年前から多分そうなるって決まってたんだろうなあ、星と星が結ばれた瞬間!みたいなことがある。
ほんとにたまーに。

面白いなあ。


もちろんご縁や巡り合わせもあるけれど、それだけじゃないと思ってるよ。

 

わたしと友人は、学校や職場のような毎日顔を合わせる環境にいたわけじゃない。だから、会おうと思わないと会えないんだってことに、ここへ来てやっと気づいた。

いつでもどんなときも、会いたくて会ってきたね、わたしたち。

 

会いにいきたい、ここへ行きたい、こうなりたいって思いから生まれるエネルギーはものすごく大きい。
それを実現するのに必要なのは、小さな勇気。

簡単なようでなかなか臆病になったり、ついサボったり、あとまわしにしがち。

だけど、ひとつ前に進んではじめて、何かが動きだすんだよね。
そんなことを改めて実感したし、いつまでも、その気持ちを忘れないでいたいと思った。

 

 

 

 

冷えきって澄んだ空は、いつのまにか暖かな風とともに新しい季節を運んでくる。

うきうきも、びっくりも、しょんぼりも、ドキドキも、どんな感情も抱きしめて。
どんな人との出会いも受けとめて。
大切だと実感するのは少し先。
時間を経て、色づいて、かけがえのないものになっていく。

だから今は、遠い宇宙の星を見上げながら、引っ張って引っ張られて、強く願って、ちゃんと正直に生きていこう。

朝が来たら胸いっぱいに息を吸いこもう。

そうして迎えた今日は、まだ真っ白で眩しすぎる、はじまりの日だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

“みんなの声に包まれ 今日は記念日”
結婚おめでとう。
いつもありがとう。
「みおちゃんは気にしすぎ!」って言ってくれるの、ゆいちゃんだけだよ。

8本目
ロマンティックアンティー
with 結婚式でいただいたお花たち

 

f:id:sooooo8p:20190320220954j:image

 

薔薇8本の花言葉は「あなたの思いやりや励ましに感謝します」