花が咲くころ

だいすきなアイドルたちを綴る言葉

13月に恋して

初演から早くも4年目のジャニーズワールド。自担がいたこと一度もないけどすきで毎年観てる舞台。初演の衝撃と感動は忘れられないけれど、毎年つづけてきたからこその良さを感じた2016年1月。


今年のジャニーズワールドはいろいろかき混ぜられていた。幕が開いたらこれまでと様子がちがう。突如現れた名曲Hi Hi JETに支配されてだいすきなWhere My Heart Belongsが消えさっていた。言葉での説明が増えて舞台自体は観やすくわかりやすくなったけど、何でもありの世界になってしまった気がして最初に観たとき正直ガックリきてしまった。しかし、観劇後(だいたいみんななってる気がする)Hi Hi JET中毒にかかることになる。そして二回目観たときは一回目より舞台全体を飲み込めて純粋にたのしむことができたから不思議。すごく面白かった。


今回のジャニワの終盤で、健人くんと勝利くんが歌う「君と…Milky way」。このシーンが特別にだいすき。一回目観たときにびっくりしてダーーーッと泣いてしまった。二回目は大丈夫っしょって油断してたら全然ダメだった。勝利が健人くんに言葉を投げかけて、健人くんが幕の向こうへ消えていく時点でもうこみ上げるもの堪えるのに必死。曲がはじまったらホロリと零れ落ちるものが。勝利が座ってるおもちゃみたいに動く椅子に全神経を集中させ笑いに変えて心を落ち着かせるのに精一杯だった。

初演でこの曲を歌う風磨くんと勝利が、ピアノを弾く健人くんが本当に本当にだいすきだった。夢に出てきたくらいだいすきでだいすきで恋してた。もう一度ジャニーズワールドで歌ってくれるなんて。台詞、一字一句覚えてるわけじゃないけど、ケントがショウリに「久しぶりに2人で何か歌おうか」みたいな投げかけをして曲がはじまる。その会話での「久しぶり」は多分この舞台中での月日の流れを話してるのだろうけど、その前にあるショウリの「5年前に出会って同じグループになって…」の台詞によって、私には4年前に歌った日々から数えた「久しぶり」である気がしてしまう。ケントもショウリも憶えてたんだ、4年前のことを。私の解釈だけど、このシーンでケントとショウリは健人と勝利であり、そしてSexy Zoneであることを実感するところ。

帰宅して妹にジャニワ観てきたこと報告したら「宙に浮いてピアノ弾いてるやつでしょwwテレビで見たよwww」って草生やされたから「ハァ?!そこ泣くとこだから!!」って怒りました(笑)

ジャニーズワールドで歌う「君と…Milky way」は私の心のユートピア


もうひとつ。大勢の出演者を背負ってHi Hi JETを歌って踊る健人くんと勝利が眩しかった。私、ふまけん厨しょりそう厨なのでけんしょりにはいっつも嫉妬してるんですよ。ジャニワもキーーーッてなりそうなシーン正直いっぱいある(笑)でもめちゃめちゃかっこよかった。センターを挟んで先頭に立つふたりがすごく良かった。昨年からそうなったね。

「ど真ん中、ナンバーワンをつくらない」がジャニーズワールドであり、この舞台が世界に伝えたい平和や明るい未来への表現なんだろうなあ。ひとつを分けあい分かちあう。それが健人くんと勝利にとても似合ってる。


めぐる四季、ながれる歳月。今年も13月を探す12ヶ月の旅がはじまってる。