花が咲くころ

だいすきなアイドルたちを綴る言葉

ふまそうと手づくりカレーと

 

みんなに見せびらかさずに、いつまでも引き出しの奥にしまっておきたい。

わたしにとって、ふまそうはそんな感じのコンビだ。


風磨くんと聡ちゃんのエピソードくださいって言われたら、ものすごくピンポイントで具体的にたくさん話せる自信がある。でも、人に話したことは少ない。今まで、大切な人にもらった手紙のようにあたためてきた。

その中から、特に印象深くて、いつか自分なりに言葉にしたいなと思ってたエピソードを二つ話したいと思う。

 

まず、Sexy Zone CHANNELでキャニオニングをやったときのこと。ほぼほぼ先陣切っていろんな種目にチャレンジしてた風磨くんが、最後の滝壺ジャンプで怖がる聡ちゃんを見て「オレが先に行ったらお前飛ばないでしょ?」って言ってとどまるの。結局、風磨くんが先に行くけど、最後まで聡ちゃんのこと応援してくれてちゃんと飛べた。


本当に苦手だったら飛ばなくても全然良いわけじゃないですか。でも、どうしてここで風磨くんがこれだけ粘って、聡ちゃんは飛ぼうと決めたのか。


そのときの本当の理由や状況なんてわからないけれど、わたしは、聡ちゃん自身がこれまで何ごとにも一生懸命に努力して取り組む姿を風磨くんが知っていたからだと思う。

もし、聡ちゃんがもともと苦手なことはやらず切り抜けてきた子だったら、風磨くんはあそこまで粘らなかったと思う。そして、聡ちゃんも勇気を振り絞れたのは、怖いでも飛びたいって気持ちをちゃんと汲んでくれる風磨くんがいたからなんじゃないかな。

普段、自分は努力アレルギーだ、苦手を克服するよりすきなことをがんばりたいって言ってる風磨くんが、聡ちゃんの怖い気持ちに一緒に立ち向かってくれたのが何かいいなって思ってる。

 

次に二つ目。

「風磨くんは自分を持っててかっこいい」

「松島は松島のままでいい」

主に風磨くんと聡ちゃんの雑誌の対談を読み返すと、だいたいこんな感じのやりとりをしている。


CD購入特典として期間限定配信された『SEXY ZONE repating Tour 2018』の先行ダイジェスト映像でのこと。今は手元にない映像だから一語一句定かではないけどニュアンスはあってるはず。

5人でイノセントデイズのライブ映像を見ているとき、聡ちゃんが「ライブのときもう振付けをやってくれてる人もいた」みたいなこと言ったのね。そしたら「初披露だったのにそれはねぇだろ」みたいなツッコミを風磨くんにされるわけ。それで、最後に感想言いましょうってなったときに聡ちゃんは他のメンバーが言ってた意見に引っ張られてまとまらない言葉を喋ってて、風磨くんが「意見変えんなよ」みたいな、「お客さんが振付け一緒にやってくれてたのがうれしかったならそれ言えばいいじゃん」みたいなことを言う。っていうのが、わたしの中で根強く印象に残ってる。

風磨くんが伝えたかったこと。


「他者を気にせず比べず惑わされず、堂々と自分の意見を述べていい」

「松島は松島のままでいい」


そういうことだよね。

これがうれしかったって言うと何か変だけど、こんなに人に対してはっきり切り込んでくれる人ってなかなかいないし貴重だなって思った。

「松島のままでいい」って言葉は、風磨くんが聡ちゃんに対して誰よりも早く誰よりもたくさん言ってきた言葉な気がする。

 


風磨くんは、周りを気にせず自由奔放に生きているようで、自分の近くにいる人にはめちゃくちゃ気にかけてくれる。本当に"気にしない"人にはできないことだよね。

そして、圧倒的に聡ちゃんに世話やく風磨兄ちゃんエピソードが多いように見えるけど、早朝寝起きの風磨くんにニコニコ挨拶しにいく聡ちゃんや、コンサートでツンツンしてる風磨くんを聡ちゃんが引っ張ってくるとこだって見たことある。そうやって気づいて歩みよるのって誰でもできることじゃない。


口が悪かったり当たり強いこともあるし照れもあってすぐ茶化すから、本質がぼやけちゃって伝わりにくいことがある風磨くん。

それに対して言い返さないし交わすのも自分の言葉で喋るのもそんなに上手くないから伝わりにくいことがある聡ちゃん。

お互いちょっと不器用で、放っておくことだってできることに気がついて首突っ込んでる。そういうとこは似てるよ。

とかなんとか言って、聡ちゃんがトンチンカンなことやってそれ見て風磨くんが大笑いして、聡ちゃんは何で笑われてるのか全然わかってないけど一緒に顔見合わせて笑い合ってる、そんなふまそうが純粋にかわいくてすきだ。


ちゃんと伝わるように書けたかな。

二人の関係、羨ましくて縋りたくて抱きしめたい。


だって、夕食をコンビニの肉まんで済ませてる人も、それを心配して手づくりのカレー食べさせてくれる人もなかなかいないんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

24本目

オーシャンソン

 

f:id:sooooo8p:20200210143351j:image


薔薇24本の花言葉は「いつもあなたを想っています」

 

太陽と月としょりそう


「この二人、仲良くなさそう…」


これが、勝利くんと聡ちゃんコンビへの第一印象だ。


しかし、これがきっかけで、しょりそうがわたしのイチ推しコンビとなった。

 

 

デビューしてまもないころ。若い子たちデビューしたな〜て眺めてたころ。

たまたま見ていた情報番組のバレーボール応援関連のインタビューで、勝利くんと聡ちゃんの会話が全く噛み合っていなくて非常に驚いた。まあ酷かった。

「おいおいこのグループ大丈夫?!チームワークわるっ!君たち本当にこれから一緒にやっていく気ある?!もうちょっと上手くやんなさいよ!!」と、何も知らないながらに(何も知らないからこそ?)思った記憶が強烈にこびりついてる。


お世辞にも関係性が好印象とはいえなかった二人。不安定な二人。未知数な二人。

しかし、そんな二人が無性に気になって、何だかこれからが面白そうで、"しょりそう推したい"って思った。

今は、当時はそれだけお互い幼かったし、一人のアイドルとしてもグループとしても、何もできあがってなかっただけなんだよなあって思う。

 

 

しょりそうって不思議なコンビだ。

Sexy Zoneの中では割と人気があるコンビ。

しかし、他の人気コンビは、シンメトリーという称号があったり、舞台やユニットなどでの実績がある。それに対して、しょりそうはそういったものはない。だけど、確実に人気コンビに並ぶオーラがある気がするのだ。

いつか何か二人でやりそうだなあ、やってほしいなあと思っていながらずっと何にもなかったから、冠特番でモノマネショーをやらせてもらったときは結構うれしかった。

 

それでもやっぱり、勝利くんと聡ちゃんが自ら発信するしょりそうが見てみたい。

いくつかの雑誌の対談では、度々二人で何かやりたいって話してるよね。

 勝利が「ふたりで踊るのはいまじゃない。最高のタイミングでやりたい」って言ってくれたんだよ。

勝利 最高のタイミング、もう過ぎ去った気が…。

 いやいやいや!まだ来てない!…な〜んて言って、本当は一度だけ「やれるかも」っていうチャンスがあったんだよね。ただ、残念なことにスケジュールが合わなかったっていう。

(duet 2019年2月号)


"最高のタイミング"か〜。


"最高のタイミング"っていつなんだろうね?

 


"いつか" "今度" "そのときが来たら"。

わたしはずっと、しょりそうの可能性に惹かれてたのかもしれないなあ。そして、勝利くんと聡ちゃんもそう思ってきた気がする。


わたしは、一度計画を立てて流れてしまったというパフォーマンスを見てみたい。あとね、2014年にザテレビジョンで話してた「ノンフィクションの歌詞」の歌をうたうの、すごく素敵なアイディアだと思うの。もちろん目玉焼きも見てみたいよ。


いつかやろうじゃなくて、絶対やろう。


勝利くんと聡ちゃんの二人が考えてることをカタチにしたときこそが、"最高のタイミング"なんだよ。


二人で曲がどうのダンスがどうのって言い合いながら考えるのなんか青春じゃん。

次に二人が並んでるところを見たときは、全身全霊その瞬間のしょりそうすきだーー!!!って噛み締めるって決めてるんだ。

 

 

グループでは背が小さい組で背格好や雰囲気はちょっと似てる。クールで俊敏なツッコミ担当と、おっとり穏やかな天然ボケ。圧倒的に澄んだ美しさを持っている彼と、抜群の愛らしさを持っている彼。似ているようで似ていない。

そんなとこがすき。


いろんな相談ごとは聡ちゃんがして、勝利くんがうんうんって聞いてる。趣味やプライベートの話は勝利くんが喋り倒して、聡ちゃんがうんうんって聞いてる。

そんな気がするとこがすき。


勝利くんは「聡くんが太陽で、僕が月だ」と言って、聡くんは「勝利が太陽で、僕が月だ」って言いそう。

そう思うだけで、しょりそうめちゃくちゃすきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はずっと書きたかったとコンビについての文章を書いていけたらいいなあ。

今年もよろしくお願いします。


22本目

ジャンヌダルク

 

f:id:sooooo8p:20200109195420j:image


薔薇22本の花言葉は「あなたの幸運をお祈りします」

 

この世界に魔法はない


この世界に魔法はないんだなあ。


2019年12月25日、イルミネーションが輝く街並みと暖かな表情をした人々が行き交う聖なる夜にぼんやりと思った。

 

 

来春のSexy Zoneのライブツアー決定のメールを見て、2020年なんて来なければいいのにと思った。

聡ちゃんは出演しない。薄々わかってはいたけどやっぱりショックで、ツアー決定を素直に喜べない自分が悲しかった。

聡ちゃんが今どうしてるのか何もわからなすぎて本当に心配だし、もう会えないんじゃないかって心の底から不安になった。

 


すきなアイドルに対して自分がどうにかできることなんてほとんどない。それは重々にわかってる。

だからといって聡ちゃんが休んでいる間、次に動きがあるまでは仕方がないのだと、彼のいないグループをすんなり受け入れたり、他のものへ興味を移したりできるほど、わたしは聞き分けのいい大人にはなれなかった。

 

 

この一年と一ヶ月間。

何度も何度も、聡ちゃんや5人のSexy Zoneが夢に出てくるんだ。

その度に朝飛び起きて、公式ホームページはもちろん、テレビのワイドショーやネットニュースを隈なくチェックしてしまう。

今度のカレンダーだって、夢に出てきたカレンダーには5人いて、もしかしたらいるかもしれないってそんなわけないのに予約してしまった。

 


Sexy Zoneのことがだいすきで、一人一人のことがだいすきなのに、聡ちゃんがいないだけで純粋にかわいい!最高!って言えなくなった。

聡ちゃんなしで活動するグループをまっすぐに見れなくて、逆に変に匂わされるのもイヤで、何かもう矛盾しててぐちゃぐちゃなんだ。

頭では全部全部わかってるのに、心がついていかないし、平然とまわっていく世界が怖い。

時間が経つほどに複雑な気持ちが増して、どんどん塞ぎ込んだ。

"自分のだいすきなグループからいちばんすきな人がいなくなるかもしれない。"

考えてしまうのは最悪の事態ばかりだ。


不安、心配、寂しい、悲しい、苦しい、つらい。

わたしは、ネガティブな感情になる自分をものすごく責めた。

がんばってる聡ちゃんや他のメンバー、たのしんで応援してるファンに失礼じゃないかって。不満を持ったり早く会いたいなんてわがままを言ってはダメだって思ってた。

本当は怖くて怖くてたまらないのに、格好つけて平気なフリしてる自分にいちばんムカついた。

 

 

クリスマスの次の日、わたしなりに限界を感じて信頼してる友人に思ってることを伝えた。

友人は「会いたいんだから、悲しくなったり辛くなって当たり前だよ」って言ってくれた。

その言葉にめちゃくちゃ心が救われた。

そうやって思っててもいいんだ、すきで大切だからこその感情なんだ。

そう思ったら、涙がとまらなかった。

 


やっぱりわたしは、聡ちゃんがいないSexy Zoneは寂しいし悲しいし苦しいしつらいし、5人に会いたいって思う。

会いたいよ。


魔法はないけど、わたしは諦めないし期待したいし信じていたい。

 

 

もうひとつ、友人が気づかせてくれた大切なこと。

聡ちゃんがおやすみするって知ったとき真っ先に思ったこと。


「だいすきだからゆっくり休んでほしい」


この気持ちだけは絶対に忘れないでおこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつ前のブログを今年〆にするつもりでしたが、やっぱり最後に自分の正直な気持ちを綴っておくことにしました。

今度こそ、今年もありがとうございました!


21本目

フロウ

 

f:id:sooooo8p:20191227082058j:image


薔薇21本の花言葉は「心からの愛」

 

ゴチと我が家の食卓


健人くんが『グルメチキンレース ゴチになります』のレギュラーになってから毎回『ぐるナイ』を見るようになった。


わたしだけでなく家族もだ。

意外にも父親がハマっている、と思っている。

 

毎回出演者が食べる、日常生活では手が届かないような高級料理たち。

父は、高すぎるとか、こんな値段するわけないとか、盛りつけがイマイチとか、食材が高いだけだとか、そんなことばっかり言う。


だけど毎回見てるから、見たくないわけではないらしい。

 

ゴチを見つづけた約2年ほどで、我が家の食事情が少し変わった。

タイ料理ゴチをやった週末は家族で近所のエスニック料理店へ行ったり、蟹ゴチのあとの週末はスーパーで冷凍の蟹を買ってきて蟹鍋をしたり、イタリアンを食べに行ったときに頼んだパスタにトリュフを削ってくれてゴチみたいだねって盛り上がった。


実はこれ全部、父親発信だ。

本物のゴチの高級料理とはほど遠いかもしれないけど、いつもと違うごはんはやっぱりうれしいし美味しい。母と娘3人は、やったー!パパありがとー!ゴチになりまーす!と言ってむしゃむしゃ食べる。


健人くんがゴチのレギュラーになってから、確実に我が家の食卓はハッピーが増し増しになった。

 

 


ゴールデンタイム長寿番組のレギュラー。

ゴチメンバーに選ばれたとき、これが"中島健人"にとって、そして"Sexy Zone"にとってどれだけ大きなことだったか。

それは、彼が番組と向き合う姿を見ていればいつもいつも伝わってきてた。

だから、絶対勝ちたい、残りたいってわたしは諦めてなかったし、彼も諦めてなかったと思う。


しかしながら、ゴチ20の最終放送で映ったのは、自分のことでなく、まずいちばんに番組を盛り上げ、ゴチメンバーのみんなを応援している姿だった。

さらにクビが決まってからの涙を見て、わたしが知りえなかったゴチメンバーと過ごしてきた時間や絆の大きさが伝わってきた。

健人くんの愛やエネルギーの捧げかたは本当に素敵だ。

 

 

ゴチが我が家の食事情を動かすと知ってしまったのもあり、やっぱりとってもさみしい。

どんなときも健人くんらしさを貫いて、我が家の無口なおじさんの心を動かすあなたは最高にセクシーでしかない!

健人くんいつもありがとう!


あなたの熱い思い、何ごとにも真摯に取り組む姿勢が、新たなフィールドへの一歩に繋がるように、これからも応援させてね。


そして今後も、美味しいごはんと健人くんのセクシーさでお腹も心も満たしたい。

 

#KTTはゴチを応援します

 

2年間サンキューデリシャス!

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホやアプリをうん年ぶりにアップデートしたら改行がおかしくなった…。

今年も一年ありがとうございました!

よいお年をお迎えください。

 


20本目

ルビーレッド

 

f:id:sooooo8p:20191219235901j:image


薔薇20本の花言葉は「わたしのひとひらの愛」

 

聡ちゃんをいちばんすきになってほしい人

 

松島聡くん、22さいのお誕生日おめでとうございます!!


聡ちゃんにとってどんな一年だったのかなあ。

わたしは聡ちゃんのことがだいすきな一年だった!


正直、泣いたり落ち込んだり悩んだりまた泣いたりってしてるんだけど、それでも充分すぎるくらい元気をもらってたよ。

気づいたら聡ちゃんのことを考えない日はなくて、些細なことがうれしくて、むしろこれまででいちばん考えてて、わたしってこんなに聡ちゃんのことすきなんだなって改めて実感した。


このごろは、聡ちゃんの描く絵やダンスから滲み出る独特なセンスとか、柔らかいのに凛とした所作とかがやっぱりすきだなあ、恋しいなあと思ってる。

会いたいねぇ。


さ、わたしが聡ちゃんすきな話はここらで置いておいて。(笑)

 

わたしには聡ちゃんのことをすきになってほしい人がいる。

誰だと思う?


わたしが惹かれる、聡ちゃんの独特なセンスとか、柔らかいのに凛とした所作とか、その人にとっては当たりまえすぎて気づいてないのかもしれないなって最近思った。

自分にとって何でもないことが、他の人にとってはとてもすごいことだったりするものだから。

気づいてたらいいなあ。


わたしの家族や友人でも、どっかの有名人でもスポーツ選手でも政治家でも、遠い国の偉い人でも、もちろん宇宙人でもないよ。

メンバーやファン、きっと家族や友人や周りの人たちから愛されるあなたをいちばん愛してほしい人。


ね、聡ちゃん?


わたしは、わたしたちがだいすきな聡ちゃんのこと、聡ちゃんにいちばんすきになってほしい。


わたしの知ってる聡ちゃんは、いつも自分を変えよう、何かを越えようとしてる感じがしてたから。
それも大切だけど、同じくらい自分自身をまるごと抱きしめてあげてるといいな。

 


まあね、会えるならすぐにでも会いたいよ。

それでもさ、

笑った日も泣いた日もダメな日もがんばった日も、毎日あったかいごはんを食べて、それなりでいてくれたら。
聡ちゃんが聡ちゃんでいてくれたら、それがいちばんいいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう22さい?!
まだ22さい!?
そんな気持ちです。
聡ちゃんがニコニコな毎日を過ごせますように。

19本目
オープンハート

 

f:id:sooooo8p:20191126231822j:image

 

薔薇19本の花言葉は「忍耐と期待」

 

いつもの今日、よく似た明日

 

ラグビーを見ているとき、ふと、だいすきな彼らの顔が頭をよぎった。


ラグビーワールドカップが熱い。

ラグビーに学ぶチーム力がとても刺激的だ。

ラグビーワールドカップがはじまってから、ちょっとずつルールを学んだハイパー初心者だけど、面白くて噛りついて日本の試合はもちろん、他国同士の試合も噛りついて見てる。

試合で日本代表選手が入場して国家を歌ってるときに涙を流すサポーターの方々がいた。
本当にラグビーがだいすきな人たちにとってどれだけ大きなものなのかが伝わってきて震えた。


ラグビーは15人各々のポジションが明確に決まっていてそれぞれの役割を全うし、ルールを守り、得点そして勝利へ繋ぐ。
チームで行うスポーツならどの競技にも言えることかもしれないけれど、15人という大人数で行い、時に大怪我のリスクも伴う激しい競技だからこそ、より一層それによるチーム力が伝わってきて感動した。


パワーがあって相手に立ち向かっていける人。

ものごとの判断力に長けていて司令塔となれる人。

どんなときも冷静な精神力を保てる人。

自ら声をあげ仲間にパスをまわせる人。

足が速く最後のスパートを決められる人。


自分にできること。
自分にしかできないこと。
一人一人がそうやってチームをつくっていく。


全員が何でもできるオールマイティーな人ならば、それがいちばんラクだし手っ取り早いかもしれない。
だけど、得意なこともできることも違う人たちが集まるからチームなんだよね。
そして、同じ方向を向くからかっこいい。

だいすきなアイドルグループにも通じることに思えて、無性に彼らに会いたくなった。

 

麒麟児】
将来大成すると期待がもてる、すぐれた若者のこと。

なんかかっこいい言葉。
でもこれは他者からの勝手な評価のようにも思う。
自分が他と違うことではなく、自分が自分であることに重きをおいて生きていける。
それができる人が、後にそう呼ばれるのではないかな。


健人くんは健人くん、
風磨くんは風磨くん、
勝利くんは勝利くん、
聡ちゃんは聡ちゃん、
マリちゃんはマリちゃん、
そして、
Sexy ZoneSexy Zoneでいてくれることがいちばんいい。


彼らには彼らにしかできないことがあるって知っている。

そして、ファンのわたしたちも同じ方向を目指す一員になれたなら。


番狂わせでもなんでもやってやりましょうよ。

同じように感じる毎日も、今日と明日は同じじゃない。


羨まず、比べず、腐らずに。

美しく、勇ましく、ひたむきに。

きっとわたしたちは、ONE TEAMになれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sexy Zoneシングル『麒麟の子/Honey Honey』発売おめでとうございます。
映画『ブラック校則』は、スタッフもキャストも内容も今のところすきで溢れててとてもたのしみにしてます。

18本目
リテラチュール

 

f:id:sooooo8p:20191023132222j:image

 

薔薇18本の花言葉は「誠実」

 

ハムレットは今日も生きる

 

先日、ご縁あって東京グローブ座にて『ハムレット』を観劇してきた。

悲劇でありながらとても清々しく満たされた気持ちで劇場を後にする、そんな舞台だった。

この気持ちの正体は何なのか?

400年以上つづく古典劇に少しばかり踏み入ってみたいと思った。


正直なところ、観劇前に書籍を読んだときは言葉づかいや情景が難しくてちんたらちんたら読んだので、劇の台詞まわしが速いのなんので驚いた。想像の10倍くらいのスピードで(特にハムレットが)ベラベラ喋るから、ヒーーーって思いながら観てた。
そのテンポ感もシェイクスピア劇の演出のひとつなのだと後から学んだ。

観劇後、パンフレットと持っていた書籍はもちろん、図書館で様々な『ハムレット』に関する解題・解説文を読み込んだ。

Q2、F1、Q1、何それ美味しいの?からはじまり、
上演台本であるハムレット
悲劇、復讐劇が大前提とされたハムレット
復讐劇ではなく哲学的なものだと説かれるハムレット
母との関係性を掘り下げるハムレット
痩せてるハムレットと太ってるハムレット

…本当にキリがない!!

時代によっても人によっても様々な解釈があるようで、混乱しながらも面白いなあと引き込まれた。
とはいえ、結局は400年もの間にいろんな人がすき勝手に言ったこと。
本当の意味での“正解”は存在しない。
だからこそ、たくさんの人が深く掘り下げて必死に考えて愛されつづける作品なのだなと思った。


パンフレットに、「ハムレットは何か偉大なものになろうとして、そのために苦しんでいる」というキルケゴールの解釈について書かれていた。
ハムレットは、“英雄”になろうとして葛藤していたのだという。

わたしは、今回ハムレット役を務めた菊池風磨くんの所属するSexy Zoneのファンであり、彼らを応援してきた。
今このタイミングで『ハムレット』という作品がやってきたこと、それをわたしたちが観て作品と向き合うことは、偶然の産物ではなかったように思う。
Sexy Zone”をかけがえのないものだと抱きしめる人たちにとって、難問であり正解がない、けれどすぐそばにある務めのようにさえ思えた。


「いま来るなら、あとには来ない。あとで来ないなら、いま来るだろう。いま来なくても、いずれは来る。覚悟がすべてだ」

ハムレットがレアティーズとの決闘を決意したときの言葉がわたしはすき。
恐らく、自分がヘラクレスのように神にはなれないちっぽけな人間だと認め、死への覚悟を決意したときでもある。

 

 

また、シェイクスピア劇は観客と劇中人物が同じ情熱を体験することが求められている、というのが興味深かった。
額縁舞台でなく、張出舞台。
劇中人物と観客を隔てる見えない幕は存在しない。

劇の最後で、“ここにいる人たちは台詞のない脇役か?それともただの観客か?”というニュアンスの台詞が印象的だった。覚えてる限りなので一語一句定かではないけれど、心臓がドキリとした瞬間だった。


わたしは、はじめて『ハムレット』を観劇した。

不思議なことに、ハムレットの独白が、スッと身体に浸透してくる瞬間が確かにあった。
そのときは気づいてないけど、ハッと我にかえったときにあれ?今わたし…?みたいな。

まるでコンサートで、聴き馴染んだ楽曲に無意識に声を上げて会場と一体になるときのような。大切な楽曲を丁寧に集中して聴き入るときのような。

きっとあれこそが、今ここで生きるハムレットの人生を共にしたという証なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハムレット』東京公演千秋楽おめでとうございます。
大阪でも多くの人に彼の生きざまが響きますように。

17本目
ラ・カンパネラ

 

f:id:sooooo8p:20191006100113j:image

 

薔薇17本の花言葉は「取り戻せない絶望の愛」